プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの歴史 > プラセンタの歴史:韓国では


プラセンタの歴史:韓国では

プラセンタの歴史として韓国では漢方医学書『東医宝鑑』の中に「紫河車」としてプラセンタが登場しています。東医宝鑑は李氏朝鮮時代の医書で1613年に刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布しました。
プラセンタの歴史
日本においても、享保9年(1724年)に日本版が刊行されており、寛成11年(1799年)にも再販本が刊行されています。
中国でも、乾隆28年(1763年)に乾隆版本が刊行されており、光緒16年(1890年)に日本再販本を元とした復刻本が出ているなど大変広く読まれました。

しかししばらく前まで韓国ではプラセンタ治療はあまり盛んではありませんでした。
従って韓国では、プラセンタ治療の症例も少なく、スキンケアとして顔にプラセンタ注射をするということも多くはありませんでした。

近年になって、日本のプラセンタ療法の権威の先生が韓国のソウルで開かれたプラセンタ療法学会で公演をしたところ、韓国では多くの医師、特に美容外科の医師がプラセンタ療法に興味を持っているとの事です。

2005頃から韓国でプラセンタ療法が盛んになってきました。
きっかけは韓国人医師が日本のクリニックを訪れ、プラセンタ療法を勉強し、帰国後にプラセンタの本を韓国語に翻訳して出版したことに始まります。
韓国の医師たちがプラセンタを使い始めると日本と同様に驚くほど素晴らしい効果が続出したため、プラセンタ療法を行う医師が急速に増加し、大韓胎盤臨床研究会が発足しました。

保守的な日本の医学界とは異なり、韓国では胎盤医療に対しての偏見が少なく、良い治療法には進んでチャレンジしようとする姿勢があるのでプラセンタ療法では、近い将来日本は追い越されてしまうのではないかと思われるほどの勢いです。

韓国でもこれからプラセンタブームが加熱していくと思われます。



記事の移動

前の記事  « プラセンタの歴史:旧ソ連では
次の記事  プラセンタの歴史:日本では »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク