プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの歴史 > プラセンタの歴史:日本では


プラセンタの歴史:日本では

プラセンタの歴史として日本では江戸時代、加賀(石川県)の3大秘薬のひとつといわれた混元丹に、プラセンタが「紫河車」として登場します。
プラセンタの歴史
その後、このプラセンタを使った「組織療法」は日本にも伝わり、1950年、「組織療法」、つまりプラセンタを研究していた医師たちが集まって『組織療法研究所』を設立します。
プラセンタエキスの注射液の開発にともない、1956年『メルスモン製薬株式会社』に発展させました。
メルスモン製薬株式会社は厚生省(現厚生労働省)からプラセンタの医薬品の認可も得て、更年期障害と乳汁分泌不全の注射薬【メルスモン】 の製造・販売を始めます。

またプラセンタをこれとは別ルートで、「組織療法」を日本に広めたのが、稗田憲太郎博士でした。
稗田博士は第二次世界大戦中、満州医大の教授でしたが、敗戦後も中国に留まり、その間に巣プランスキー博士のプラセンタを使った「組織療法」と出会うのです。帰国後、久留米大学薬理学教室の教授を務め、プラセンタの利用に関する研究に情熱を傾けます。
その結果、冷蔵したプラセンタから抽出したエキスを活用する「冷蔵胎盤漿液療法」の開発に成功します。

その後、1959年に稗田博士の研究に基づくプラセンタエキスの注射薬【ラエンネック】が登場しています。プラセンタは当時、肝硬変の医薬品として、また、現在はプラセンタの適応が広がり、肝機能改善の医薬品として、厚生労働省から認可を取得しています。



記事の移動

前の記事  « プラセンタの歴史:韓国では
次の記事  プラセンタ注射 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク