プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタ注射の用法と費用 > プラセンタ注射


プラセンタ注射

プラセンタの注射薬で現在日本で厚生労働省の認可を得ているのは、更年期障害及び乳汁分泌不全の治療剤としての 「メルスモン」と、肝障害の治療剤としての「ラエンネック」 の2つだけです。
メルスモンは、厚生省の認可を得てから半世紀近くの歴史があり、プラセンタの有効性と安全性を実証しています。
プラセンタ注射

プラセンタ注射「ラエンネック」は、肝臓病の薬扱いです。
1958年,適応症「肝硬変症」で製造承認を受け、1984年に適応症拡大により
「慢性肝疾患における肝機能の改善」の薬効再評価が公示されたものだそうです。
プロゲステロン(黄体ホルモン)・デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)・ごく微量のエストロゲン(卵胞ホルモン)、細胞成長因子(GF:growth factor)、DNA複製を活発化するヌクレオチド、アトピーや免疫性疾患における異常なサイトカイン分泌を抑制または調節する物質、コンドロイチン硫酸・グルコサミンなどが含まれています。

プラセンタ注射「メルスモン」は、婦人科の薬扱いです。
更年期障害にも良く、プラセンタのもつ血行促進作用、細胞賦活作用、肝機能改善作用が
疲れを減少させると言われています。

プラセンタ注射の方法は筋肉注射と皮下注射があります。

プラセンタ注射は、一回の注射でも翌日には目覚めがよく、持続時間は、だいたい2~3日といわれています。

またプラセンタ注射は打ち続けると、アトピーにも良いなどと言われています。

プラセンタ注射の費用は診察料込みで2,000~4,000円が一応の目安のようです。



記事の移動

前の記事  « プラセンタの歴史:日本では
次の記事  プラセンタクリームを塗る »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク