プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの副作用と安全性 > プラセンタの副作用について


プラセンタの副作用について

プラセンタは基本的に副作用がほとんどないといわれています。
プラセンタの製品加工されたものは蛋白質(アミノ酸も含む)製剤として認可されています。
しかし注意が必要な点があります。
プラセンタの副作用について

プラセンタは生体中でとても大切な働きをしていますが、プラセンタを摂取されている方の中でアレルギー体質の方や極端に体力の低下している方に対して異種蛋白質による一過性の拒絶反応が出る場合があります。
拒絶反応はカユミや発疹として体に現れます。このような場合は服用量を半分程度に減らすなどの対応が必要になります。
症状がひどい場合は医師に相談ましょう。ステロイドとの併用を勧められる場合もあります。
プラセンタはもともと「免疫学的寛容性」をもっているので、アレルギーやアトピーの体質改善としても利用されています。
ここでの「寛容性」とは、人体への薬の効き目が弱まることをいいます。つまり、ある薬を繰り返し使用しているうちに、体が薬の継続的な存在に慣れていくと起こります。
その他のプラセンタの副作用として、女性の生理が早まる、生理時の出血量が多くなる、便が柔らかくなる、などの傾向があらわれる場合があります。これらの症状は継続服用していると正常に戻る場合が多いので心配ありません。

プラセンタ注射で、ショック、過敏症などのアレルギー的な副作用、プラセンタ注射した部位に発疹がでたり、硬くなったりしたとの事例もあるようですがプラセンタが直接の原因と解明されていません。

プラセンタ注射をていた女性が急性肝炎の疑いで入院した、との事例があり、話題になったことがあります。
このプラセンタ注射の事例ではプラセンタに対して弱いアレルギー反応を示す体質で、プラセンタ以外に複数の薬、健康食品、ダイエット食品を使用していました。
その中に肝機能の副作用を生じさせる可能性があるものが含まれていたことから、その薬との関係が考えられています。
その後もこのプラセンタ注射の事例に関しては原因が明確にならず、プラセンタが直接の原因であるとはされていません。
プラセンタ注射(ラエンネック)の副作用」のページでもプラセンタ注射の副作用について触れていますのでご覧ください。



記事の移動

前の記事  « 人間のプラセンタに関する安全性
次の記事  信州会クリニック(東京都中央区) »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク