プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタとは > プラセンタエキスとは何か?


プラセンタエキスとは何か?

プラセンタとは英語でplacenta、「胎盤」という意味です。
プラセンタエキスとは赤ちゃんと母親をつなぐ「胎盤」から抽出した物質です。
標準的にはプラセンタですが、その他にもプラセンター、プレセンタ、プレセンターなどと言うこともあります。

プラセンタエキスとは何か?

プラセンタ(胎盤)は、胎児の発育のためには必要不可欠な組織です。
プラセンタは赤ちゃんをお母さんのお腹の中で、わずか10ケ月の間に1個の受精卵を一人の人間にまで育て上げる驚異的な働きを持った組織なのです。
プラセンタは臓器の機能がまだ十分でない胎児のために、機能の一部を代行します。
胎児の発育のために必要な呼吸やタンパク質合成・有害物の解毒・ホルモンの分泌・排泄など、重要な働きすべて胎盤が行います。

肝臓が持つべき酸素を十分に備えていないため、胎盤が代謝作用を行い、肝臓と同様に、異物を解毒する作用を持ちますし、発育する育児に大量のホルモンを供給します。
胎児への栄養補給のためには各種栄養素がこの組織に集中し、また多数の生理活性物質が産生され貯えられていることが知られています。
また、胎児はアミノ酸をタンパク質源として利用するため、胎盤で母体の血清タンパク質を消化してアミノ酸に分解します。

大人になると胎盤はプラセンタエキスに姿を変え、食事・運動・睡眠といった生活習慣の中でつくられる障害の修復・再生に活躍します。

プラセンタに関する研究は数多くされていますが、いまだ解明されていないことも多くあります。
たとえば人間以外の動物では肉食動物ばかりでなく草食動物までもが、出産直後の自分の胎盤を食べてしまいます。
これは、有力な説として、栄養豊富な胎盤を食べることによって、産後の体力回復に役立てるためであると言われています。
胎盤には母乳の分泌を促進する作用もあり、子供を育てるためにも有効といえます。

プラセンタは様々な用途に使われています。
日本におけるプラセンタの利用は、昔は中国から漢方薬として伝わり、現在では美容利用、医療利用、更年期障害、老化予防などです。またアトピー対策としても注目を集めています。
利用方法は、医療ではプラセンタエキスを注射として使用する場合が多く、美容利用ではプラセンタエキスの原液を直接摂取する方法や、プラセンタエキスを様々に配合した化粧品として使われています。



記事の移動

前の記事  « いしぐろクリニック(石川県加賀市)
次の記事  プラセンタの要素 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク