プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの医療利用 > プラセンタと肝硬変


プラセンタと肝硬変

プラセンタには、肝障害の元である活性酸素を除去する作用が確認されています。
また、プラセンタは肝障害の予防・改善を促す各種の作用も確認されています。

プラセンタの作用は肝臓全体の働きを強める、肝臓の解毒の働きを促す、肝炎ウイルスに対する免疫力を高める、アルコールや薬物に対する解毒力を高める、インターフェロンの産生を促進する、アルコール性肝炎やウイルス性肝炎などの炎症を抑える、炎症などによる壊れた組織の修復を促す、新しい細胞の形成を促す、などです。

プラセンタと肝硬変プラセンタには、細胞や臓器の再生物質として注目される「肝細胞増殖因子」が含まれ、肝障害の治癒に大きな効果を発揮すると考えられます。
肝臓は70%が切除されても、元に戻るわけですが、この驚異の復元力を可能にしているのが、プラセンタに含まれている肝細胞増殖因子です。
プラセンタに含まれている肝細胞増殖因子肝細胞が炎症などで破壊されるのを防ぎ、修復・再生させるのです。
ですからプラセンタは肝硬変の改善にも効果的であると考えられるのです。
プラセンタは現在、厚生労働省が承認している医薬品のなかで、肝硬変に効く唯一の医薬品です。
医療の分野ではプラセンタ注射などによりこの肝細胞増殖因子の遺伝子を投与する遺伝子治療を患者に応用するための準備段階にありますが本当に医療の現場で使われるまでにはいましばらくの時間がかかると予測されています。
しかし肝細胞増殖因子を含むプラセンタはいますぐにでも手軽に利用できる貴重な存在なのです。



記事の移動

前の記事  « 肝臓とプラセンタ
次の記事  プラセンタ 抜け毛(脱毛)はどうして起こるのか(脱毛の種類と原因 ) »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク