プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタと育毛 > プラセンタ 抜け毛(脱毛)はどうして起こるのか(脱毛の種類と原因 )


プラセンタ 抜け毛(脱毛)はどうして起こるのか(脱毛の種類と原因 )

プラセンタは抜け毛にも良いと言われています。

抜け毛(脱毛)の原因にはいろいろ考えられます。

1.男性ホルモンの過剰作用(粃糖性脱毛・脂漏性脱毛)
2.頭蓋骨の発育によるもの
3.ストレスによる自律神経失調症による脱毛(円形脱毛症)(全頭脱毛症)
4.乱れた生活習慣によるもの
5.その他、老年性、更年期や出産によるもの

プラセンタイメージ74髪の毛は、皮膚の付属器官です。
体の各器官が血液を使う場合には、優先順位があり、生きるために必要な部分から順次使っていきます。そのなかで、皮膚の位置づけは低く、その付属器官である髪の毛は、健康状態に余裕がなくなると、真っ先に影響を受けてしまうのです。

以上の様に様々な原因で毛を作り出す毛母細胞へ血液を供給している血管が収縮してしまい、毛母細胞の細胞分裂が止まるため、毛が作れなくなってしまうのです。

抜け毛は以下の様に分類されます。

<壮年性脱毛症(男性型脱毛症)>
脱毛でもっとも多く、「若ハゲ」と呼ばれるものです。
男性の場合、額の生え際、またはつむじの上部周辺から抜けてきます。
女性の場合は40歳前後から頭部全体が徐々に薄くなることがあります。

<脂漏性(しろうせい)脱毛症>
頭皮の炎症(脂漏性湿疹)が原因です。
前頭から頭頂にかけて抜けることが多いのが特徴です。
また、頭皮がかゆく、脂性のフケが目立つ、湿疹が出る、抜け毛の毛根に脂性のフケが付着するなどといった特徴もあります。

<他の病気が原因となっている脱毛症>
内分泌疾患によるホルモンの異常が原因で脱毛が起こる場合で、甲状腺(こうじょうせん)機能低下症や甲状腺機能亢進症(こうしんしょう)、下垂体や副腎(ふくじん)などの病気があげられます。

<その他の脱毛症>
老化や無理なダイエット、医療用の薬剤の使用で起こる脱毛などでも脱毛症になる場合があります。
女性の場合、女性ホルモンの分泌の影響により出産後やピルの服用後に脱毛するケースもあります。



記事の移動

前の記事  « プラセンタと肝硬変
次の記事  髪の毛に広がるプラセンタの利用 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク