プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタと育毛 > プラセンタで男性ホルモンを抑えて育毛に貢献


プラセンタで男性ホルモンを抑えて育毛に貢献

プラセンタが髪の毛の成長に良いとされる理由の一つは、ホルモンとの関係です。
性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。
人の体の中で、男性ホルモンは、副腎という腎臓の上の臓器と、睾丸で作られています。
女性ホルモンは、副腎と卵巣で作られています。
プラセンタと育毛

頭のハゲた人には、男性ホルモンの過剰な人が多いようです。
男性ホルモンが過剰になると、耳から上の部分には毛がはえにくくなり、耳から下の部分には、逆にはえやすくなるという研究結果もあります。

昔の中国の宦官は宮廷に仕えるため、睾丸を除去していました。
つまり、宦官は男性ホルモンの作られる量が少なかったと考えられますが、頭の毛が薄くなってから睾丸を除去して宦官になった人は、薄くなった髪の毛が戻らなかったそうです。反対に髪の毛がフサフサした状態で睾丸を除去して宦官になった人は、終生髪の毛が多い状態だったと伝えられています。

男女問わず、男性ホルモン・女性ホルモンの両方を持ち合わせています。
もちろん、男性ホルモン・女性ホルモンの量の差はあります。
一般的に、男性ホルモンが多いと毛の量が多くなり、女性ホルモンが多いと毛の量は少なくなります。
しかし、頭頂部の毛については、体の毛は濃いにもかかわらず、頭頂部だけ毛の薄い方もいらっしゃいます。
このような抜け毛の方は、頭頂部に男性ホルモンが分泌されてはいても、その部分の毛のホルモンレセプターが反応しなくなっていることがわかっています。
ただし、このメカニズムについては、まだ解明されていません。

プラセンタエキスには、この過剰な男性ホルモンを抑える働きがあります。
プラセンタエキスのホルモン分泌を正常に保とうとする働きによって、過剰な分泌は抑えられるのです。
また、プラセンタエキスの血行を良くする作用によって、頭皮では皮膚への血流が盛んになり栄養状態も良くなります。

こうしてプラセンタエキスによって毛母細胞という頭皮にある毛髪を作る細胞の細胞分裂を促す事で髪の毛の生えやすい環境が整えられていくのです。



記事の移動

前の記事  « 髪の毛に広がるプラセンタの利用
次の記事  プラセンタを用いた病院での育毛対応 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク