プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタと育毛 > プラセンタを用いた病院での育毛対応


プラセンタを用いた病院での育毛対応

プラセンタを用いた病院での育毛対応にはプラセンタ製剤のラエンネック(肝疾患治療薬)の注射や、内服をする場合もあります。
(厚生省では、育毛治療適応が認められいない為保険適用にはなりません。)
プラセンタと育毛

また頭皮へもプラセンタを擦り込んだりすることも有効です。
プラセンタの中には、毛母細胞分裂促進因子や、自律神経を安定する因子が入っていますので、顕著に効果が現れます。

プラセンタの効果の例としては、まず、フケが止まり、抜け毛の進行が止まります。
そして数ヶ月経つと、毛が生え始めます。
毛が生えかけるには個人差がありますので、気長に治療をつづけられることをお奨めします。(最低6ヶ月くらい)

さらに、低出力レーザー照射(フォトセラピー)も毛乳頭や毛母細胞の活性を促し、発毛を促進します。

ストレスを除いてマッサージなどをして治療をしていきます。

1. プラセンタ内服薬を投与
2. 頭部を温めます。
3. 外用薬やプラセンタ注射
4. プラセンタローションの塗布
5. 症状別 内服、精神安定剤、プラセンタカプセルなど
6. ホワイトライト(低出力レーザー)の照射
7. 蒸しタオルなどで温める。
8. ホームケアの指導
9. シャンプー、外用薬塗布、内服薬服用
10.マッサージ、ストレスの発散など



記事の移動

前の記事  « プラセンタで男性ホルモンを抑えて育毛に貢献
次の記事  育毛から見たプラセンタの作用 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク