プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの医療利用 > プラセンタと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療


プラセンタと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

プラセンタが胃潰瘍や十二指腸潰瘍などに効果があることが発見されたのは、今世紀はじめの旧ソ連で皮下にプラセンタを埋め込む治療法が行われてからです。
このプラセンタ埋没療法が戦後日本で改良されて、プラセンタエキスから作られた肝臓病や更年期障害の注射用医薬品「プラセンタ」となりました。

プラセンタと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療日本ではプラセンタの胃潰瘍と十二指腸潰瘍の治療に関する研究が非経口的投与にて行われました。
プラセンタの胃と十二指腸潰瘍の治療に関する研究ではプラセンタを用いた治療をうけた患者の80%で改善が認められ、プラセンタが胃および十二指腸潰瘍の治療のために最も効果的な物質のうちの1つであるとの結論が得られたそうです。
またプラセンタの治癒活動を示す臨床研究が、スイスとイタリアで行われ、手術創および静脈瘤性潰瘍の250人以上の患者を対象に行われました。 その結果、なんとプラセンタを使用した全ての患者に良い結果が得られたそうです。 


胃潰瘍や十二指腸潰瘍はどのような病気なのでしょうか。
食物を消化する胃液には、強力な酸が含まれています。この胃液から胃壁(粘膜)を守るために胃は粘液を分泌しています。ところが、胃液と粘液との不均衡が生じると、胃酸によって胃壁がおかされてしまいます。これが胃潰瘍です。初めは、粘膜のごく表面がただれる程度ですが、進行すると粘膜に穴があきます。さらに進行すると粘膜の最も下の層からその下の筋層にまで達し、ひどい場合には、筋層の下の漿膜層に穴があき、ときには穴が胃壁を突き抜けてしまうこともあります。
また、十二指腸壁も胃壁と似た構造で、十二指腸潰瘍もやはり胃液と粘液との不均衡が生じて、十二指腸壁がおかされ起こるのです。

胃や十二指腸はデリケートな臓器です。そのため、肉体的、精神的ストレスや、アスピリン、インドメタシンなどの薬剤などによって、胃の粘膜の血液循環が悪くなり、粘液・粘膜の働きが低下し潰瘍を引き起こします。
また、胃の粘液の中に生息しているヘリコバクター・ピロリという細菌がつくり出すさまざまな物質によって、粘膜が刺激を受け炎症を起こし胃潰瘍の発症の下地を作っています。
 一方、十二指腸潰瘍は、ストレスなどで胃酸やペプシンなどの消化液の働きの過剰が原因で起こる場合が多いため、若い人に多く見られます。




記事の移動

前の記事  « かんざき泌尿器科クリニック(福岡市中央区)
次の記事  プラセンタと歯・口腔的な病気の治療 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク