プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの医療利用 > プラセンタと歯・口腔的な病気の治療


プラセンタと歯・口腔的な病気の治療

プラセンタは歯や口腔的な病気の治療にも適しています。

プラセンタと歯・口腔的な病気の治療についての臨床調査は日本で行われました。 

プラセンタと歯・口腔的な病気の治療あごの歯肉炎、歯槽膿漏症、アフタ性口内炎、歯周炎、関節炎に悩む多数の患者にプラセンタ注射が施された結果、患者の75%以上に効果的であり、プラセンタが歯・口腔的な分野でも適用する価値のある物質であるとの結論が出たのです。

歯肉炎は歯肉に炎症(赤く腫れる)がある状態です。歯と歯の間や歯と歯肉のすき間にたまった歯垢や歯石が原因で歯肉炎は引き起こされます。
歯周病とは歯肉片縁に付着したプラークにより,歯肉に炎症が起こった状態です。
歯槽膿漏も歯周病の症状名のひとつです。
アフタ口内炎とは、口腔粘膜に生じる円形または楕円形の潰瘍です。

プラセンタには、抗炎症作用があり、歯肉炎などの炎症の抑制や、補修にもたいへん有効なことがわかっています。
プラセンタの抗炎症作用は炎症を抑えると同時に、壊れた組織の修復を促進します。
プラセンタにはムコ多糖体が含まれています。細胞間をつなぐ成分で、炎症を抑える働きなどがあるのです。

プラセンタの抗炎症作用は肉芽(傷が治る時にできる増殖力にすぐれた組織)の形成促進作用や、壊れた組織の修復を促進する傷創回復促進作用などにより、医師の間でも高い評価を得ています。

また歯科によっては顎周囲の神経痛(三叉神経痛等)、筋肉痛、顎関節症、ヘルペス等で、手術後の治りを早める目的でプラセンタ注射を使用される場合もあります。



記事の移動

前の記事  « プラセンタと胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療
次の記事  全身の老化とは »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク