プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの医療利用 > ガンにプラセンタは効果的か?


ガンにプラセンタは効果的か?

プラセンタとガンの関係についてお話しましょう。
ガンとホルモンとプラセンタ、またプラセンタに含まれる各種の成長因子は関連が深いのです。

更年期の頃から増加する女性のガンに、子宮体ガンや乳ガンなどがあります。

ガンにプラセンタは効果的か?子宮ガンには子宮頸ガンと子宮体ガンがあり、子宮頸ガンは子宮の入口の頸部にでき、30~40代に最も多くみられます。
子宮体ガンは子宮の奥の体部にでき、閉経後の50~60代が最もかかりやすい年代とされます。これまでは、子宮頸ガンが圧倒的に多かったのですが、最近、子宮体ガンが増えてきており、子宮頸ガンが約70%、子宮体ガンが約30%の割合になっています。
 子宮体ガンにかかりやすい人としては、50~60歳の人、高齢出産の人、出産経験のない人、肥満の人、タバコを吸う人などが挙げられます。
 子宮体ガンが50~60代に多いのは、女性ホルモンのバランスの変化によるものと考えられています。
閉経後の2~3年というのは、卵巣の機能が衰退し、排卵が起こらないため、プロゲステロンは出なくなりますが、エストロゲンの分泌は減少したとはいえまだ続くため、エストロゲンの作用を抑える役目のプロゲステロンが働かなくなることで、エストロケンが抑えられない状態になり、その影響で子宮体ガンが発生しやすくなるわけです。

乳ガンになりやすい人としては、40歳を過ぎた人、高齢出産の人、出産経験のない人、肥満、タバコを吸う人などが挙げられます。乳ガンになりやすい人と子宮体ガンにかかりやすい人のタイプとの重複がかなりみられます。
乳ガンの原因はまだはっきりとはわかっていないですが、エストロゲンの影響が大きいとされています。
 肥満の人が子宮体ガンや乳ガンにかかりやすい原因としては、肥満とエストロゲンの深い関係が指摘されています。
 40歳を過ぎる境から、中年太りになる人が増えてきます。これは、基礎代謝量の低下と過食や運動不足の長年の積み重ねよるものでしょう。皮下脂肪ではエストロゲンがつくられるため、皮下脂肪で男性ホルモンのアンドロゲンからエストロゲンがつくられて、分泌されます。このエストロゲンが、子宮体ガンや乳ガンに大きく関与するものと考えられています。

妊娠している間は、女性ホルモンの分泌が止まり、エストロゲンの影響は少なくななりますから、妊娠回数の多い人ほどガン発症の危険度が低くなるのでしょう。
高齢出産の人、出産経験のない人がかかりやすいのは、エストロゲンにさらされ続ける期間が長いので危険は増えると考えられます。

ご存知のようにタバコはすべてのガンの危険因子に挙げられています。
タバコは活性酸素を大量に発生させる要因のひとつです。
活性酸素はガン遺伝子と反応して細胞に影響を与え、やがては細胞全体を酸化して、ガン化を促進させます。


子宮体ガンや乳ガンにも、プラセンタは素晴らしい効果を示すと考えられます。
プラセンタの内分泌調節作用、抗突然変異作用、抗腫瘍作用、遺伝子修復作用、活性酸素除去作用などが働き、これらのガンに対して効力を発揮するからです。

プラセンタに含まれる各種の成長因子が健康な細胞や組織の増殖を促してくれることも、ガンに効果的と考えられます。



記事の移動

前の記事  « プラセンタエキスで滋養強壮
次の記事  プラセンタと更年期障害とは »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク