プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタと更年期障害 > プラセンタと更年期障害の症状:動脈硬化症


プラセンタと更年期障害の症状:動脈硬化症

プラセンタと更年期障害の症状2:動脈硬化

プラセンタは更年期障害の動脈硬化にも効果的です。
プラセンタと更年期障害

女性は閉経後から動脈硬化が増加することが報告されています。
動脈硬化症は血管の壁が硬くなり、血管が狭くなる疾患で、血液中の悪玉コレステロールの過剰が発症の原因となります。
動脈硬化が、心臓の血管で進むと狭心症や心筋梗塞引き起こします。
脳の血管で進むと脳梗塞を引き起こす元凶になります。
動脈硬化により、血管が狭くなることで、高血圧を起こしやすくします。

エストロゲンには血液中の悪玉コレステロールを低下させるとともに、善玉コレステロールを増加させる働きがあります。さらに、エストロゲンには血管の弾力性を増す作用もあります。
更年期にはエストロゲンが激減するため、こうした働きが抑えられることになり、動脈硬化が起こりやすくなるのです。

プラセンタの「内分泌調節作用」が、ここでも効果的に作用します。
内分泌調節作用は、ホルモンのバランスを調節する作用で、ホルモンの分泌が過剰であれば、それを抑制し、またホルモンの分泌が不足すれば、それを促進するように働きます。

閉経後のエストロゲンの激減に対し、プラセンタを投与することにより、ホルモン分泌が促され、その減少カーブがゆるやかになり、体への影響が緩和されます。
そのため、プラセンタは、更年期障害の動脈硬化に有効であると考えられるのです。

また、プラセンタの 「活性酸素除去作用」 や「創傷回復促進作用」などが、動脈硬化症に一段と効力を発揮することがわかっています。

動脈硬化を起こすのは、悪玉コレステロールと活性酸素です。
プラセンタは、「内分泌調節作用」により、エストロゲンの分泌を盛んにし、血液中の悪玉コレステロールの増加を抑えると同時に、「活性酸素の除去作用」 により活性酸素の除去を促します。すなわち、動脈硬化の2大原因を取り除くことに働きます。
 そして、動脈硬化の始まりは、悪玉コレステロールが弱った血管壁から入り込むことですから、プラセンタの持つ、弱ったり壊れたりした組織の修復を促進する「創傷回復促進作用」も、動脈硬化の予防に大切な役割を果たしてくれるのです。



記事の移動

前の記事  « プラセンタと更年期障害更年期障害の症状:骨粗鬆症
次の記事  プラセンタと更年期障害の症状:萎縮性膣炎 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク