プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタと更年期障害 > プラセンタと女性ホルモン


プラセンタと女性ホルモン

プラセンタが更年期障害とか肌にいいというと、プラセンタの中に女性ホルモンが入っているのではないかと心配する方もいらっしゃるかもしれません。

プラセンタはホルモン剤ではありません。しかしプラセンタにはホルモン分泌を促進させる作用があり、女性ホルモン剤を使わずに体内での分泌を多くして効果を発揮させる作用があります。
プラセンタと女性ホルモン

胎盤自体には、ホルモンが含まれていますが、ほとんどの場合、プラセンタエキスとした場合ホルモンは含まれていません。

最近プラセンタは女性ホルモンを補うための補助食品としても注目されています。
プラセンタはホルモンバランスを調整して卵巣機能を活発にする働きがあり女性ホルモンを作る大切な成分なのです。
プラセンタで更年期と共に低下する女性ホルモンのエストロゲンの「分泌を補う」こと でプレ更年期症状、更年期症状を軽減すると考えられるのです。

妊娠中の胎盤(プラセンタ)の役割の一つに「内分泌作用」があります。内分泌作用は脳下垂体・卵巣の役割です。
胎盤(プラセンタ)は胎児の発育や出産に使われるホルモンを作ります。胎児だけでなく母体のホルモンコントロールも行います。
妊娠初期は、妊娠を維持するホルモンとして絨毛性性腺刺激ホルモンを作り出し、中期から後期にかけては女性ホルモンを作り出します。

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の二つから成り立っています。
卵胞ホルモン(エストロゲン)は思春期に女性らしい体をつくったり、月経を起こしたり、排卵前に精子が入りやすいようにしたりする働きをします。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は増殖した子宮内膜を分泌期の状態にして受精卵の着床にそなえる働きをします。
簡単に説明すると妊娠と出産に必要な準備をします。
この二つの女性ホルモンの分泌量の変化の事がホルモンバランスなのです。

分泌される女性ホルモンの量が多すぎても少なすぎても好ましくなく、そのバランスを整える事が大切となります。

女性ホルモンが調整される場所が自律神経と同じ大脳の視床下部にある為、女性は一生を通じてホルモンのリズムが変化し続け、自律神経に影響を与えます。
女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経失調症にかかりやすく、更年期障害が発生する時期を早めてしまうなど様々な症状を引き起こしてしまいます。

プラセンタは母体の妊娠を維持し胎児を発育させ、出産時にも欠かせないホルモンを作り、ストレスなどから引き起こる母体のホルモンバランスの乱れをコントロールし、胎児のホルモンバランスについても安定させる働きをします。

「ホルモン」とはギリシャ語で「興奮させるもの」、「刺激するもの」と言った意味の言葉で、プラセンタエキスの内分泌系の働きは、ホルモンバランスを正常値にコントロールするためその乱れたバランスを落ち着かせ、安定させる働きがあります。
また内分泌系をコントロールする事により精神的にも安定させる働きがあります。

約10ヶ月間で受精卵を約3kgの胎児になるまで成長させるためにはホルモンの活躍が欠かせません。
その間、プラセンタは胎児の成長に合わせてホルモンのバランスを保ち、妊娠中の母体のホルモンバランスも調節するのです。
これらの点から、プラセンタエキスが内分泌調節作用にとても優れているのが解ります。



記事の移動

前の記事  « プラセンタと更年期障害の症状:萎縮性膣炎
次の記事  志保日比谷皮フ科クリニック (東京都千代田区) »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク