プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタとは > ウシプラセンタ


ウシプラセンタ

プラセンタを牛から集める場合は、食肉用牛から集められます。
ウシプラセンタ

哺乳動物は出産直後に自らの胎盤(プラセンタ)を食べてしまいます。これは肉食動物ばかりではなく、草食動物にまで見られる行為です。
胎盤(プラセンタ)には出産により低下した体力を速やかに回復させ、また、乳汁分泌を促進させる作用があることを本能的に知っているのではないかと考えられています。
また、牛に、プラセンタを与えると牛乳の出が良くなったり、ニワトリでは産卵数が増えるといった現象も数多く認められています。

プラセンタは厚生労働省から、2001年3月12日以降、牛や羊など反芻動物の胎盤を原料したものを含んではいけないと通達が出されるまで、化粧品で使用されているプラセンタのほとんどは、牛の胎盤をプラセンタ原材料としていました。

プラセンタは現在では、医薬品で使用されているものすべて、人間の胎盤を原材料としています。
ですから医薬品のプラセンタと狂牛病との関連はありません。

医薬品以外のプラセンタでも、日本国内では狂牛病が心配されている為、ウシプラセンタはほとんど使用されておらず、豚や羊のプラセンタが使用されているようですから心配は無いでしょう。

狂牛病(牛海綿状脳症=BSE)や変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)は、プリオンという細胞タンパク質が異常化したものによって起こるといわれています。
この病気について科学的根拠やメカニズムについてはまだ解明されていません。
変異型プリオンそのものについては、タンパク質分解酵素でも分解されにくい性質をもっていて、神経細胞内に蓄積され、その結果、神経細胞に変性をきたすといわれています。
変異型プリオンに感染した牛肉の経口摂取で、人間に感染する可能性にいつて、実験では感染の可能性が指摘されていはが実際の食用で感染する可能性は低いと見られているようです。変異型プリオンが健康な人間や動物の体内に吸収されても、排泄されるからです。
以上のように、牛の胎盤を使ったプラセンタ化粧品を製造したとしても、感染する可能性は極めて少ないと思われます。
狂牛病の経皮感染の可能性も、変異型プリオンがタンパク質であることや、その分子量の大きさから考えると可能性はなさそうです。




記事の移動

前の記事  « くわつか医院 (長崎県長崎市)
次の記事  ブタプラセンタ »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク