プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタとは > 植物性プラセンタとは


植物性プラセンタとは

プラセンタは動物の胎盤エキスですが、どうしてプラセンタが植物からとれるのだろうと不思議に思われるでしょうか。

植物性プラセンタは、植物から抽出した水溶液で、原料は胎盤エキスと異なります。
プラセンタの原料には以前は牛が使われていましたが狂牛病の問題がひろがり、また動物由来プラセンタ一般に感染症などの心配をさける為に代替品として植物性プラセンタが登場したようです。
従って「プラセンタ」と「植物プラセンタ」は全く異なるものです。


植物性プラセンタとはしかし植物性プラセンタにも、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

植物性プラセンタは大豆由来のイソフラボンが配合された化粧品や、植物エキスを何種類か混ぜたもの(アセロラ,アロエベラエキス, カッコンエキス, クロレラエキスなど)が植物プラセンタと呼ばれています。
アセロラの胚から抽出した水溶液には、生物学的な意味での成長因子が牛プラセンタと同じ働きをするため、皮膚組織に多く存在している繊維芽細胞の増殖実験では、牛のプラセンタを上回る結果が得られた、との報告もあります。
動物性のプラセンタと働きが部分的に似ている、と考えられる物質が「植物性プラセンタ」と言われているわけです。

植物プラセンタの美白効果は正式に認められているわけではありませんが、植物性プラセンタの場合、アミノ酸やビタミン、ミネラルと言った美容成分による美容効果は期待できると思われます。

実際に生物学的な意味でのプラセンタの最大の特徴である成長因子(growth factor)が含まれているのか、いないのかは意見がわかれています。

成長因子とは、細胞増殖因子とかグロスファクターなどとも呼ばれています。 プラセンタの成長因子は、もともとは胎児が急速に成長するため細胞分裂をコントロールするもので、栄養分と言うよりはむしろ細胞分裂を可能とするキー情報が含まれた情報伝達成分です。 成長因子が細胞に到着し、細胞が成長因子を必要とする状況になれば、成長因子が細胞増殖指令を出し、新たな細胞に分裂させます。
ですから同様の働きをする成分を植物プラセンタと呼んでいるのです。


ただし、「植物性プラセンタ」と呼ばれている物質が乱立しており、多くの製品が科学的根拠の乏しい状態で「植物性プラセンタを、あたかも本物のプラセンタと同種であるかのごとく錯覚させるような宣伝をしているのも事実です。
「植物性プラセンタ」配合をうたっている製品については「プラセンタ」とは異なる点を理解した上で、性能を把握して商品を選択する必要があるでしょう。



記事の移動

前の記事  « ブタプラセンタ
次の記事  プラセンタの歴史:中国では »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク