プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの歴史 > プラセンタの歴史:西洋では


プラセンタの歴史:西洋では

プラセンタの歴史として西洋では、古代ギリシャの医師、ヒポクラテスがプラセンタを治療に利用していたと伝えられています。
プラセンタの歴史
ヒポクラテスは紀元前460年 - 紀元前377年に生きた古代ギリシアの医者です。
「医学の父」、「医聖」と呼ばれています。医師の倫理性と客観性を重んじ、「ヒポクラテスの誓い」として現在まで受け継がれています。
「人生は短く、技芸は長い 」はヒポクラテスの有名な言葉です。

エジプトの女王クレオパトラは若返り・美容の目的でプラセンタを利用していたといわれます。
ローマの有力者を次々と色気で籠絡するクレオパトラは中国の楊貴妃と並べ称せられる絶世の美女の典型とされ、大哲学者パスカルに、「クレオパトラの鼻がもっと低かったら、この全地上は異なっていただろう。」と言わしめるほどだったと言われます。
クレオパトラは多くの美容法を行っていた記録が残っています。
古代エジプトのクレオパトラが山羊の発酵乳のお風呂(ミルク風呂)に入ってその美肌を保っていた、つまり、ケミカルピーリングも行っていたようなのです。
しかし、現存するクレオパトラの像を総合すると、背が低く太っており、鼻も大きなワシ鼻というクレオパトラの姿が浮かび上がるります。
時代によって美人の基準は違いますから一概には言い切れませんが、ほぼ同時代に描かれたプルタルコスの『アントニウス伝』でも、妖艶な美貌というより、教養と魅力的な会話で男心をくすぐったと伝えられています。
どちらにしても、若返り・美容の目的でプラセンタを利用していたクレオパトラの肌は大変美しかったのでしょう。

さらに、フランス国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットも若返り・美容の目的でプラセンタを利用していたといわれます。
マリー・アントワネットが幼少期を過ごしたオーストリアには当時から入浴の習慣がありました。
母マリア・テレジアも幼い頃から彼女に入浴好きになるよう教育していたので、入浴の習慣がなかったフランスへ嫁いだ後も入浴の習慣を続け、幽閉されたタンプル塔にも浴槽が持ち込まれたという記録があります。

どの時代にも女性は「美」に対する意識が高いのですね。



記事の移動

前の記事  « プラセンタの歴史:中国では
次の記事  プラセンタの歴史:旧ソ連では »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク