プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの副作用と安全性 > プラセンタ注射(ラエンネック)の副作用


プラセンタ注射(ラエンネック)の副作用

プラセンタ注射「ラエンネック」の注射により、稀に、過敏症(発症、発熱、掻痒感など)の症状が現れる場合があります。
発見率は3.0%未満です。
プラセンタ注射(ラエンネック)の副作用
ラエンネックの副作用として、5.4%に注射部痛、注射部硬結(注射部位にしこりができる)等の副作用が発現した、との報告もあるようです。

ラエンネック注射を受けてこのような症状が出た場合、あるいは不安に思われた場合は、必ず担当医師にご相談ください。

2005年1月7日讀賣新聞夕刊にプラセンタ注射「ラエンネック」についての報道がありました。
プラセンタ注射「ラエンネック」を受けていた女性(41歳)の方が、強い全身倦怠感と黄疸で、急性肝炎の疑いで国立国際医療センター消化器科に入院されたそうです。

プラセンタ注射「ラエンネック」は肝障害の治療剤として健康保険が適用となっている薬剤ですが、ラエンネックの投与を受けて逆に肝障害を発症するという報告は今までありません。

この件では、アレルギー検査の結果、プラセンタ注射「ラエンネック」に対して弱いアレルギー反応を示されたことから、アレルギー反応として本剤が肝障害を引き起こす原因となった可能性は理論的には否定できませんが、プラセンタ注射を受けていた女性が取っていた健康・ダイエット食品と肝障害との因果関係も否定できず、プラセンタ注射「ラエンネック」と該当副作用の因果関係は残念ながらはっきりしていません。

今まで、プラセンタは重大なな副作用が無いものとして知られていて、よほど特殊な体質でない限り、今回の新聞報道で報じられたような副作用が発生することはないと考えられます。
この報道で即プラセンタが危険であるということにはならないでしょう。




記事の移動

前の記事  « 病原性プリオン等に対するプラセンタの安全性
次の記事  プラセンタは最も理想的な抗老化物質の宝庫 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク