プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタ注射の用法と費用 > プラセンタ注射の保険適用


プラセンタ注射の保険適用

プラセンタ注射の保険適用については気になるところですね。

プラセンタ注射を美容(しみ、そばかす、にきび予防等、皮膚の活性化及び、若返り効果)に使用する場合は、保険適応にはなりません。
また、肩こりからくる痛み、腰痛症に対してプラセンタ注射を使用する場合にも、保険適応にはなりません。
プラセンタ注射の保険適用

プラセンタ注射が保険対象となるのは更年期障害、乳汁分泌不全、肝炎、肝硬変、肝機能障害といった病名の方です。

健康保険が適用となるプラセンタ注射を発売している会社は2社です。

メルスモンが更年期障害、乳汁分泌不全のプラセンタ注射です。
メルスモンは、メルスモン製薬株式会社で製造・販売されています。
メルスモン(Melsmon)は、更年期障害、乳汁分泌不全の健康保険適用の治療薬になっているプラセンタ注射剤です。
1アンプル2ml中、胎盤抽出物100mg含有されています。
メルスモン製薬では、健康保険の適用を認可されてから45年間、メルスモン注射を製造・販売してきた歴史を持ちますが、重大な副作用による事故の事例は一例も報告されていないといいます。

ラエンネックが肝機能障害の適応症でプラセンタ注射の保険適用が認められています。
ラエンネック(Laennec)は、株式会社日本生物製剤で製造販売されていて、慢性肝疾患における肝機能の改善の健康保険適用の治療薬になっているプラセンタ注射剤です。
1アンプル2ml中、胎盤抽出物112mg含有されています。
ラエンネックは、美容目的に多く利用されています。



記事の移動

前の記事  « 小林クリニック(愛知県海部郡甚目寺町)
次の記事  プラセンタの効果的な利用法は? »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク