プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの美容利用 > プラセンタで紫外線による深いシワを消す。


プラセンタで紫外線による深いシワを消す。

プラセンタは、紫外線対策をすることができ、それによりシミの予防にもなります。

抗炎症作用 プラセンタエキスは紫外線の 刺激による炎症や火傷の炎症を抑えると同時に、壊れた組織の修復を促進します。

シワの原因ととして、年齢の他に紫外線があります。
紫外線を大量に長時間浴びると、真皮まで届いてしまうことがあります。
真皮の細胞に紫外線が当たると・・・
プラセンタで紫外線による深いシワを消す。
活性酸素が発生するため線維芽細胞が障害を起こし、コラーゲンやエラステン、ヒアルロン酸の産生を抑制します。
コラーゲンを分解する酵素の活性を促し、コラーゲンを減少させます。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を酸化します。

その結果、様々な障害が発生して、深いシワやタルミの原因をつくります。

通常は、このような酸化が起こると、肌は順次新しいものに交換されて若々しさを保とうとします。
しかし、線推芽細胞が衰えててると、肌の交換が進まず、酸化したコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が変性(ねじれ、伸び、切断など)を起こし、肌の柔軟性や弾力性が失われてしまうのです。

プラセンタには活性酸素除去作用がある為、活性酸素を減少さて線維芽細胞が障害を防ぐことができます。

深いシワやタルミには、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を補給する方法もありますが、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は分子が大きく、真皮には浸透することができません。
(コラーゲンやヒアルロン酸などは皮膚の表面で水分を保持する働きがあり、表皮からの水分の蒸発を防ぐため、深いシワの予防や改善に効果が無いわけではありません。)

真皮まで浸透する物質としては、脂溶性ビタミン (ビタミンA・D・E・Kなど)、ステロイド、そしてプラセンタがあります。
プラセンタは皮膚の奥まで浸透し、線維芽細胞に働きかけて活性化します。
そしてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の量を増やして皮膚の交換を促し、肌の柔軟性や弾力性を取り戻し、深いシワやタルミを修復させます。

プラセンタの新陳代謝を促す血行促進作用や組織代謝促進、皮膚組織の呼吸促進作用との相乗効果によって、深いシワやタルミを目立たなくさせるチカラがあるのです。



記事の移動

前の記事  « プラセンタで年齢による深いシワを消す。
次の記事  ニキビの原因とプラセンタの有効な関係 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク