プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの医療利用 > アトピーとプラセンタ


アトピーとプラセンタ

アトピー肌の状態は 角質層の持っているバリア機能が低下している状態です。
健康な肌の場合、脂質と水分が適度に肌の中に保持されていて、表面をしっとりとした状態こ保つと共に、肌表面からの水分の損失、外界からの異物の侵入を防いでいます。
しかし、アトピー性皮膚炎の場合にはこの機能が、衰えているため非常に乾燥した肌になり、肌が何かに接触すると、その刺激とともに物質が容易に侵入できてしまいます。

アトピーとプラセンタ肌の一番外側でそのバリア機能の要になっているのが角質層の脂分(細胞間脂質=セラミド)です。
セラミドがあるために水分は容易に失われず、また外からの刺激にも耐える事ができます。
この脂質によって角質層内で、ラメラ構造と呼ばれる油と水の多層構造を形成しているからです。
脂分と水分が層構造をとることでその水分を結合水として取り込んでいるので、乾燥した条件でもその水分は失われにくいのです。

プラセンタがアトピーに効くメカニズムとしては、始めにプラセンタに含まれる各種の免疫抑制物質が複合的に働き、アレルギー反応や炎症反応を起こす体内物質(サイトカイン)の分泌をコントロールします。
次にプラセンタには新しい細胞を作り出す力がありますのでアトピーで障害が起きた皮膚細胞を新しい細胞に置き換えていきます。 
新しい細胞には本来の保湿効果がありますのでしっとりお肌になるわけです。 
これら2つの機能が主なアトピーを改善するメカニズムです。
他にもプラセンタは体全体を総合的に改善しますので自己治癒能力が高まりアトピーの改善に寄与しているものと考えられます。 

用法として一般的には内服と塗布の両方を併用し、体の中と外の両側からプラセンタを体に取り込むのが一番良い結果が得られる可能性が高いといわれています。
もちろん、個人によって状態も対策も異なりますので自分に合った方法を探す必要があります。



記事の移動

前の記事  « プラセンタの瞑眩反応、好転反応
次の記事  大手前・美容皮フ科クリニック(大阪府大阪市中央区) »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク