プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタの副作用と安全性 > プラセンタの瞑眩反応、好転反応


プラセンタの瞑眩反応、好転反応

瞑眩(めんけん)反応、好転反応とは?

プラセンタを飲んだり塗ったりすると一時的にお肌の症状が悪化したように見えることがあります。
その変化の多くは、お肌の環境が変化し、血行促進、細胞の新陳代謝の活性化などお肌が正常に機能し始めた証拠なのです。

プラセンタの瞑眩反応、好転反応
この、瞑眩(めんけん)反応、好転反応は、最終的に良くなるための一時的な反応であり、最終的に改善しない過敏反応とは異なります。
瞑眩とは、治癒過程で、一時的に現れる思いがけない反応や、病状がかえって増悪する現象を瞑眩(めんげん)と呼びます。
瞑眩は治療の治癒過程での一種の反応であり、治療の中止や変更の必要性はありません。


中国の古典では、瞑眩が出なければ治療効果が期待できないと書かれている書物も多くあり、効果の証しとして捉える事が多いです。瞑眩反応は、頻繁にみられることではなく治療法、刺激量が合えば、症状の悪化等なく治癒することの方が多いです。
また瞑眩とは別に、選択を誤って治療することにより、症状の悪化や他の症状の発現をみる「誤治」があります。通常、「誤治」の場合は反応症状が何日も持続しますが、瞑眩の場合は治療後1~2日以内に現れ消失する一過性なものです。


多くの方は、これを乗り切れば、その後、お肌は良い状態へと向います。 
但し、一部の方、例えばお年を召されて新陳代謝があまり行われていないような方の場合やお肌や体内に有害物質をたくさん抱えている方の場合には、お肌が良い状態へと向うまでに時間がかかり、症状が悪化したように見える期間も長くなります。

判断が難しい場合は早めに医師に相談しましょう。



記事の移動

前の記事  « プラセンタと育毛に大切な5大ファクター
次の記事  アトピーとプラセンタ »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク