プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタ注射が受けられるクリニック > エスプリ(東京都中央区)


エスプリ(東京都中央区)

所在地 東京都中央区銀座7-8-8
クラハシビル3F
TEL 03-3573-2145
http://www.esprit-gr.com/

受付時間 月~土:11:00~20:00
日・祝 :11:00~18:00
年中無休


プラセンタとは胎盤のことで、胎児の発育成長のために必要不可欠な組織です。
母親のお腹の中でわずか数ヶ月の間に、1個の受精卵を完全な生体に育て上げるという驚異的な働きを持った組織です。したがって胎児の成育発達に必要な各種栄養素がこの組織に集中し、また、たくさんの生理活性物質が産生され蓄えられています。
哺乳動物は出産直後に自らの胎盤(プラセンタ)を食べてしまいます。これは肉食動物ばかりではなく、草食動物にまで見られる行為です。胎盤(プラセンタ)には出産により低下した体力を速やかに回復させ、また、乳汁分泌を促進させる作用があることを本能的に知っているのではないかと考えられています。また、牛に、プラセンタを与えると牛乳の出が良くなったり、ニワトリでは産卵数が増えるといった現象も数多く認められています。
胎盤(プラセンタ)は現代科学によって幾度のメスが加えられいろいろな事実が判明していますが、それはごく一部のことであっていまだに知らざれる部分の多い、偉大でかつ神秘性を秘めた組織なのです。

呼吸をする(肺の役割)
母親の子宮の中にいる胎児は、自分で呼吸はできません。そこで、プラセンタが胎児の変わりに呼吸をしています。プラセンタが母体の血液から酸素を受け取って胎児へ供給し、胎児から出た炭酸ガスはプラセンタを通じて母体血中に排出されます。
代謝を高める(肝臓の役割)
胎児の成長に必要なたんばく質を合成したり、エネルギー源として必要なブドウ糖を蓄えたり必要に応じてエネルギーに変えたりします。

老廃物を排泄する(腎臓の役割)
胎児から産出された老廃物はプラセンタを通じて母体に送られ、処理されます。プラセンタが胎児の腎臓として働いているのです。

ホルモンを作る内分泌作用(脳下垂体や卵巣の役割)
プラセンタは、妊娠を維持し胎児を発育させ出産時にも欠かせないホルモンを作ります。そればかりではなく、母体や胎児のホルモンのコントロールもする大切な役割を果しています。

免疫機能の役割
自分自身で免疫力を持たない胎児が、病原菌や毒素等に侵されることなく無事出産されるのは、何かの防御機能が働いているからです。免疫物質や抗体が母親の血糖から送られてきたり、プラセンタで作られたりしているからです。いずれにしても、病気などに対する抵抗力はプラセンタを介して与えられます。
以上、主なプラセンタの役割を挙げましたが、プラセンタの役割はこれ以外にもいろいろと重要な役割を果しています。つまり、プラセンタは胎児の生命を維持しながら成長させるのに不可欠な器官であり、胎児の生命の源なのです。

文明を持つようになった人間は動物と違って、出産直後にプラセンタを食べてしまうということはしませんが、母体内から排出されたあとでも失われないその不思議な働きには昔から着目してきました。
中国では「紫河車」(しかしゃ)という名で産後の回復を早めるために服用されるほか催乳、強壮、強精目的に使われています。「紫河車」の歴史は古く、明の時代に編纂された『本草綱目』という薬物書に登場しますが、すでに秦の時代に始皇帝は不老長寿薬として珍重していたといわれています。あのクレオパトラやマリーアントワネットも永遠の美を求めてプラセンタを愛用していたことも有名です。
他にも朝鮮の医学書『東医宝図』や各種の本草書にも、プラセンタの効果が記されています。これらに共通して書かれていることは、肉体的・精神的な疲れや衰えに効果があるということです。服用の仕方は、乾燥させて粉末にしたり、酒で煮込んだりしていたようです。
日本では加賀藩の三大秘薬のひとつである「昆元丹」(こんげんたん)に処方され、やはり不老長寿薬として使われていました。
このプラセンタを本格的に医薬治療分野で利用することを可能にしたのは、ソ連のオデッサ医科大学のフィラトフ教授が皮下に冷凍ヒト胎盤(プラセンタ)を埋没させる組織療法を行い、瘢痕収縮や胃潰瘍に効果があることを発見したことに始まります。
さらにプラセンタの抽出物(プラセンタエキス)は皮膚病、消化器潰瘍、神経炎、更年期障害、リウマチ性疾患、噂息など多岐にわたる疾患に効果のあることを報告し、この業績によって1945年、ノーベル科学賞に匹敵するといわれるレーニン賞を受賞しています。


プラセンタエキスはプラセンタエキスのもつ、生理活性を失わせることなく有効成分の抽出に成功したものです。エキス内には非常に数多くのたんばく質、アミノ酸、酵素、ミネラルなどが含まれています。


以上のような作用によりプラセンタエキスは、次のようなトラブル肌にも効果的です。
しみ、そばかす 光アレルギー
小じわ 肌荒れ、手足のあれ
赤ら顔 ボディケア
老人性のしみ 育毛、養毛、ヘアケア
毛細血管拡張肌 ニキビ肌
アンチエイジング アトピー性皮膚炎
肌のくすみ 過敏症
肌のつやが悪い人  


皮膚が本来持っている機能をたかめて若い頃の皮膚に近づけていく、それがプラセンタエキスです。
1、新陳代謝を活発にする作用
個々の細胞の働きを活発にし、組織の代謝を盛んにして細胞の老化を防ぎます。
~若々しい素肌を(全てのお肌に)~

2、血液の流れを活発にする作用
皮膚の末梢血管の血行を良くして、栄養、酸素を補給し二酸化炭素・老廃物の除去をスムーズにします。
~生き生きとした素肌を(全てのお肌に)~

3、炎症を抑える作用
紫外線や外敵による炎症を抑えます。したがって日焼け、雪焼け、カブレなどによる皮膚の炎症を予防し、鎮め、回復させて、しみ、そばかすができるのを防ぎます。
~透明な素肌を(しみ・美白に)~

4、アレルギーを抑える作用
アレルギーを抑える作用と皮膚の抵抗力を高める作用がありますので過敏症の方でも安心して使えます。
~健康な素肌を(敏感肌に~

5、細胞分裂を促す作用
皮膚を構成している細胞は常に生まれて死んでいます。停滞してしまった皮膚の細胞の機能を高めるとともに、細胞分裂を促して美しい肌を作ります。
~初々しい素肌を(しわ、たるみ肌に)~

6、活性酸素除去
皮細胞を酸化してしまう悪玉酸素=活性酸素を取り除きます。活性酸素はメラニンの生成を急速に増大させたり、不飽和脂肪酸を過酸化脂質にさせたりして、皮膚の老化やにきびの悪化の大きな原因となります。
~透き通った素肌に(にきび、老化肌に)~

7、色素沈着を防ぐ作用
しみ、そばかすの原因であるメラニン色素の沈着を防ぐ作用があります。
~白く輝く素肌に(しみ、日焼け肌に)~

8、老化角質を融解する作用
老化した角質は脂腺口、汗腺口を詰まらせることがあります。この老化角質を融かし、ナチュラルなピーリングにより新陳代謝をスムーズにします。
~すべすべの素肌を(脂肌、にきび肌に)~

9、保湿作用
天然アミノ酸が角質の水分を保持し、潤い、張りのある肌にして老化を予防します。
~乾燥肌、すべての肌に~



記事の移動

前の記事  « 銀座ファインケアクリニック(東京都中央区)
次の記事  小豆沢整形外科(東京都板橋区) »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク