プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アトピー性皮膚炎の歴史


アトピー性皮膚炎の歴史

プラセンタが近年注目され始めた理由のひとつに、医療用に使用されるプラセンタがヒトに由来する成分であり、副作用がほとんどないということがあります。
プラセンタは最近注目されるようになりましたが、薬としての歴史は古く、日本でも50年前から肝臓の薬として処方されてきました。

アトピー性皮膚炎の「アトピー」の語源は「奇妙な病気」と言う意味のギリシャ語「アトピア」です。
アトピーの概念が提唱された20世紀の始めで、アトピーという言葉は、1923年にヨカとクックと言う二人の先生が、アレルギーの中の一つの型の概念として使った事が始まりです。

ヨカとクックはアレルギーを正常型と異常型とに分け、健康な人にも見られるアレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)などを正常型のアレルギー、ある特定の体質の人だけに起きるアンルギーを異常型として「アトピー」と名づけました。

ホコリ、カビ、花粉、動物の毛といった、ありふれた物質にも過剰に反応し、花粉症や気管支喘息(ぜんそく)のように家族単位でみられることから、通常のアレルギーにはない奇妙な現象として「アトピー」と考えたのです。


アトピー性皮膚炎は1960年にアメリカのザルツバーガーが日本に始めて紹介いるまで、当時の日本ではあまり見られませんでした。
その後小児を中心に少しずつ増加し、最近では成人の例が増加し、社会的にも問題になっていきます。
初期の頃、1953年にステロイドの軟膏が作られていて、ステロイドで治療を行い、うまくアトピーをコントロールができるようでした。

小児科医の中では食物アレルギーが原因であるという考えが出てきて、卵、牛乳、大豆を除去した治療法も行われるようになりました。
その後これだけの除去では治らない例が出現してきて、米、小麦も除去する治療法がでてきました。
しかし、このような治療法では、逆に栄養状態が悪くなり、成長障害を引き起こす例が現われ、小児科学会で問題視されるようになります。
皮膚科医からはアトピーは食物アレルギーの関与は少ないとの意見もあり、家ダニが原因との考えが注目されるようになります。

1970年代までは主に小児のアトピーが多く、成長と共に治る病気と考えられていましたが、1980年後半位から成人のアトピーが出現し、現在に至ってます。

成人型のアトピー性皮膚炎の治療は難しく、文明病ともいわれています。アトピー性皮膚炎治療の歴史自体まだ浅く、多数の患者に共通する有効なものはないとされています



記事の移動

前の記事  « アレルギーとは何か
次の記事  アレルギー4つのタイプ »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク