プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アレルギーとは何か


アレルギーとは何か

アトピー性皮膚炎はアレルギーです。
アレルギーとはいったいどのようなものでしょうか。
私たちの体には、外から異物が入ってくると、それが何なのかを識別し、異物を排除しようとする機構が備わっていて、「免疫機構」と呼ばれていて、DNAに組み込まれた「先天性免疫システム」の一部です。

例えば、ウイルスや病原菌などが浸入してくると、体はウィルスを異物であると判断し排除しようとします。
異物は「抗原」または「アレルゲン」と呼ばれ、体はこの抗原を認識し対抗するために「抗体」を作り出します。
抗体は細胞が産生する蛋白質で、二度目に侵入してきた抗原物質をブロックするはたらきがあります。
抗体は10~14日でできると言われいます。

ハシカは一度かかってしまうと二度と発病しませんが、これは最初にハシカにかかった時に抗体が作られ、再びハシカウイルスが浸入しようとしても、抗体がハシカウイルスをブロックして、発病しないようにしているからです。
このような、抗原に対する抗体の反応を「抗原抗体反応」といいます。
この原理を応用したのが、予防接種であり、からだに有益な抗原抗体反応を「免疫」といいます。

抗原抗体反応が効きすぎる事をと「アレルギー」または「過敏症」と呼んでいます。
つまり、アレルギー反応は免疫の働きすぎなのです。
アレルギー体質の人は、抗原の侵入に対して、免疫機構が異常に反応してしまうのです。
これがアレルギー反応であり、アトピー性皮膚炎・喘息・アレルギー性鼻炎などの症状を引き起こすのです。
人間の細胞が作り出す抗体は、IgG、IgM、IgA、IgE、IgDの5種類あります。
この5種類の抗体の中のIgEという抗体がアレルギーを引き起こす元凶といわれています。



記事の移動

前の記事  « アトピー性皮膚炎とは
次の記事  アトピー性皮膚炎の歴史 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク