プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アレルギー4つのタイプ


アレルギー4つのタイプ


アレルギー(抗原抗体反応)には、4つのタイプがあります。
CoombsとGelが1963年に提唱したアレルギー反応の分類でクームスの分類といわれています。

Ⅰ型アレルギー
抗原(アレルゲン)となる物質が、鼻やのど、消化管の粘膜などから侵入すると短期間(数十分程度)で症状が現れます。「即時型反応」ともいわれています。
このタイプはIgE抗体が関与していて、アトピー性皮膚炎、急性蕁麻疹(じんましん)、気管支喘息、花粉症、胃腸アレルギーなど、 一般にアレルギー性疾患といわれるものが、このタイプです。

Ⅱ型アレルギー
抗原(アレルゲン)が、からだの細胞を破壊すると考えられており、「細胞溶解型」とも呼ばれています。
血液型があわない輸血をすると、赤血球に対する抗体が赤血球の表面と結合して赤血球を壊し溶かしてしまう、溶血性貧血などが代表的なものでいこれはアレルゲンがからだの細胞を破壊するために起きる障害です。
このタイプには、血小板減少症、自血球減少症、新生児溶血性責だんなどが考えられています。

Ⅲ型アレルギ
抗原(アレルゲン)と抗体が複合物をつくり、それが腎臓や肝臓などの各組織に付着して、補体(抗原抗体反応を促す物質)の助けを借りて障害を起こすものです。
この代表的な病気には血清病や糸球体腎炎、過敏性肺臓炎、慢性関節リューマチ、ウイルス性肝炎などがあります。

IV型アレルギー
侵入した抗原(アレルゲン)に対し、抗体でなくノンパ球が関係して起こるアレルギーです。ツベルクリン反応のように抗原に接してから、二四?四八時間後に症状が現れなため、「遅延型反応」といわれています。接触性皮膚炎、結核、臓器移植の際の拒絶反応などがこの例です。


実際のアレルギーはっきりと各々のタイプに属するものばかりではなく、多くの場合二つ以上が複合していたり、途中から変化するなど、その反応の仕方は複雑です。
抗体は遅延型を示すⅣ型のリンパ求を除いて、免疫グログノン(Ig)と呼ばれるタンパク質でできています。
免疫グログリンは、その分子量の大きさによって、IgA、IgG、IgM、IgE、IgDの五つに分類されます。
アトピーと密接な関係をもつIgE抗体は、その中で最も小さい分子量をもつものです。IgE抗体自体がアレルギー抗体とも呼ばれます。



記事の移動

前の記事  « アトピー性皮膚炎の歴史
次の記事  アトピーアレルギーのメカニズム »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク