プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アトピー性皮膚炎のアレルゲンは何か。


アトピー性皮膚炎のアレルゲンは何か。

アトピー性皮膚炎を病理学的にみれば、血液中に免疫グログリンの一つであるIgE抗体ができやすい体質(これをアトピー素因という)で、この抗体が体内に侵入してきた環境抗原であるハウスダストや花粉、食物などとアレルギー反応(I型アレルギー反応)をおこすために、喘息や花粉症、蕁麻疹になりやすいと考えられています。
アトピー性皮膚炎も、アトピー素因をもつ人に多くみられるので、喘息などの病気と一緒にアトピー性疾患と総称されています。

喘息や花粉症がI型アレルギー反応によって引き起こされることがはっきりしていますが、アトピー性皮膚炎については、I型アレルギーが原因とは決まっていません。
典型的なアトピー性皮膚炎の20%~30%は血清IgE値が正常で、血清IgE値が高い値を示す人でも、アトピー性皮膚炎の症状と血清IgE値との相関関係が認められていないからです。
アレルギー性の湿疹皮膚炎は、I型アレルギーではなく、Ⅳ型アレルギー反応によるものと考えられています。
アトピー性皮膚炎をアトピー素因を有する人に生じる湿疹の一種と考えて、IV型アレルギー反応の結果である、又はI型、Ⅳ型の両方のアレルギー反応が関連してアトピー性皮膚炎を起こすと考えることもできます。
原因抗原物質についても、赤ちゃん、乳児では食事抗原との関連が強く、年齢が高くなるに従って、食事抗原よリダニを中心にした環境抗原の関連が強くなると考えられています。
ダニのからだの成分中のタンパク質が皮膚から吸収されて起こるという報告や、フケが原因になっているという報告などもあります。
このようにアトピー性皮膚炎の原因は決して単一のものではなく、食事抗原が原因のこともあれば、ダニ抗原が原因の人もあり、あるいはその他の原因がからんでいる場合もあり、非常に特定するのがむずかしいのです。



記事の移動

前の記事  « アレルギーのもと。
次の記事  アトピー性皮膚炎と発症年齢 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク