プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アトピーアレルギーのメカニズム


アトピーアレルギーのメカニズム

アトピー性皮膚炎などのアレルギーの抗体をつくる原因になる抗原のことを、アレルゲンといいます。
アレルゲンには花粉、カビ、卵や牛乳などの食品、ダニなどがあります。
アレルゲンがからだの中に入ってくると、それに対抗してIgE抗体がつくられます。
IgE抗体は皮膚の下にあるマスト細胞(肥満細胞ともいう)の表面に付着します。
IgE抗体はアレルゲンと結合します。これが抗原抗体反応です。

抗原抗体反応の結果、マスト細胞は壊れて、細胞内にあったヒスタミンやロイコトノエン、プロスタグランジンなどの化学物質が放出されます。
これらが気管支や鼻、皮膚などに作用してアトピーのかゆみや蕁麻疹、鼻水などの症状となって現れるのです。

IgE抗体がつくられるときにTリンパ球が量を調整します。
Tリンパ球にはIgE抗体の産生を促すヘルパーリンパ球と、逆に産生を抑制するサプレッサーリンパ球の二種類があり、この二つのリンパ球がバランスを取って適量の抗体がつくられます。
アトピー体質の人は、このバランスが崩れていてIgE抗体が過剰につくられてしまい、アレルギーを起こすのです。

IgE抗体は、健康な人の体内にはごくわずかしか存在しません。
正常な人であれば、サプレッサーツンパ球がはたらいてIgE抗体が過剰につくられるのを防ぐのです。
アトピー体質の人はこのサプレッサーツンパ球のはたらきが悪いのではないかと考えられています。
このため血液検査をしてIgE抗体の値が高いか低いかを調べることで、アトピー性皮膚炎やゼンソク、アレルギー性鼻炎などの診断のための手がかりとすることができます。
アレルギーの人は、IgE抗体の値が高いことが多いようですが、IgE抗体の高い人が必ずしもアレルギーとは限りません。
アトピー性皮膚炎のアレルギーの特徴として、アトピー素因という体質があります。アトピー素因とは、IgE抗体を作りやすく、アレルギー疾患になりやすい体質のことで、遺伝する傾向があります。



記事の移動

前の記事  « アレルギー4つのタイプ
次の記事  アレルギーのもと。 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク