プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > アトピー性皮膚炎とステロイド剤


アトピー性皮膚炎とステロイド剤

アトピー性皮膚炎の特徴は年齢によって発症部位や皮膚の状態が変化し異なります。
しかしどれも「かゆみ」はともないます。
そのため治療はまずこの「かゆみ」を抑えるからはじめます。
かくと、湿疹や皮膚炎の症状を悪化させてしまうからです。
アトピー性皮膚炎に限らず、たとえば虫さされや蕁麻疹なども、かけばかくほどかゆくなります。
これはイツチ・スクラッチ・サイクルと呼ばれる現象で、かくことで一時的にマヒしてかゆくなくなりますが、かくことをやめるとさらに強いかゆみが生じてきます。
かゆみを我慢する事は大変なストレスになります。
そこでかゆみを抑えるための塗り薬を使いますが、非ステロイドとステロイドの二種類があります。

ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は、炎症を起こして傷んだ皮膚を正常にもどす強い作用があり、 一時的には劇的な効果を発揮します。
その反面、副作用があり、常用したり使い方を間違えると副作用の心配があり、皮膚の吸収がよい顔や首に使うことは避けたほうが良いでしょう。

ステロイドを安易に使い続けるのは危険な薬ですが、逆にステロイドを怖がり、ステロイドを避けてしまい症状をひどくしてしまう場合もあります。
ステロイドの被害を過剰に報道したマスコミの影響もあって、ステロイド軟膏を急に止めてしまい、逆に症状の悪化を招いて社会問題にった事もありました。
これはリバウンドといわれるもので、ステロイドを急に止めた結果、全身が真っ赤に焼けただれたようになり、強い症状がでてしまいます。
ステロイド軟膏は、大変弱いものからとても強いものまで五段階に分かれていて、その種類によつて効果も異なります。単なるかゆみだけなら、抗ヒスタミン軟一骨などの非ステロイド軟膏で十分対応できますが、炎症などがひどい場合は一時的にステロイド軟一骨を使って症状を改善させることも必要です。
薬局でもかなり強いステロイド軟膏が売られていますので、常用するなど素人判断て使うと危険です。
医師の指示に従いましょう。



記事の移動

前の記事  « アトピー性皮膚炎と白内障
次の記事  ステロイド軟膏の副作用 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク