プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > ステロイド軟膏の副作用


ステロイド軟膏の副作用

ステロイド軟膏は炎症を強力に止めてくれるというすぐれた作用がある反面、長期間使用すると副作用があり、十分注意して使う必要があります。
副作用としては、
① 皮膚の組織を破壊する。
② 皮膚のタンパク質代謝を低下させる。
③ 体内のホルモンバランスを乱す。

アトピー性皮膚炎に使用されるステロイド軟膏は即効性にすぐれています。
副作用は長期にわたって使用した後に出ますので、いったん副作用が発現すると回復にかなりの月日がかかるのが一般的です。

ステロイド軟膏に限らず、薬は作用が現れるのに、体内に入り細胞の中に取り込まれてからその作用があらわれるため、時間がかかるのです。

長期間使用を続けていると、ステロイドが皮膚細胞の中に入り、その生活機構を抑制します。
それが皮膚炎の消炎効果という良い作用を起こすと同時に、細菌やカビ類に対する免疫力を弱めてしまい、細菌感染やカビ感染をおこしやすくするのです。

副作用の主なものをあげてみると、塗ったところにニキビができたり、毛深くなったり皮膚が薄くなったり、シワシワになったりします。
紫色のアザができやすくなり、顔に塗りつづけると赤ら顔になります。
さらに、本虫の菌(白癖菌)がついてタムシになったり、化膿したりします。
おできやトビとにかかりやすくもなります。

ステロイド軟膏=副腎皮質ホルモンは本来生命維持に欠かせない非常に大切なホルモン、体の中で下垂体・副腎皮質機能によって分泌されているものです。

このホルモンを体外から与えるので、副腎皮質機能が制限されてしまうのは当然です。
全身に及ぼす影響も少なくありません。

長期にわたる常用の結果、顔がむくんだり、出血しやすくなったり、糖尿病や胃潰場になりやすくなったりという、深刻な副作用も報告されています。

ステロイド軟膏も非ステロイド軟膏も、一時的に症状をおさえるための対症療法です。
病気そのものを治す根治療法とは、かけ離れた治療法なのです。

最近ではステロイド軟膏を使わない治療も叫ばれるようになっています。



記事の移動

前の記事  « アトピー性皮膚炎とステロイド剤
次の記事  プラセンタ »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク