プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタニュース > 筋子からプラセンタ


筋子からプラセンタ

筋子の膜からプラセンタが作られる!? 豚のプラセンタ(胎盤)エキスを原料に利用した化粧品を販売している北日本化学は、イスラム圏などで宗教上の理由から豚由来のプラセンタ製品が販売できないことから、代替原料として筋子膜に着目したとのこと。 筋子とはサケやマスの卵巣を塩蔵加工したものです。 筋子には、DHA(ドコサへキサエン酸)とEPA(エイコサぺンタエン酸)が多く含まれており、特にこれらの脂肪酸は動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞 ・糖尿病など生活習慣病(成人病)、痴呆の予防効果があると言われています。 筋子やイクラを赤く染めている色素のアスタサンチンは現在、がん の抑制効果があるとも言われていて、さらに強力な抗酸化作用があるビタミンE、造血作用があり骨や歯の発育に欠かせない鉄分、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン・ミネラル類も多く含まれており、それぞれ数値レベルが高い、大変栄養豊富な食品です。 一方で筋子は高コレステロール、高プリン体(痛風の原因物質)、高ナト リウム(塩蔵品の場合)なので、食べ過ぎには要注意です。 イクラ加工場で産業廃棄物として処理されている年間約二百トンのサケの筋子の膜(卵巣外皮)から、ペプチド(アミノ酸結合体)を抽出してプラセンタの代替品を生産するとのこと。 ペプチドは肌の張りを保ったり、肝臓の機能を保護するなどの効果があるとされ、全国の健康食品メーカーなどに販売される予定です。 冷凍された筋子の膜は洗浄後、酵素で分解、溶けたペプチドを濃縮して乾燥冷凍し、パウダー状のプラセンタ代替製品になります。 当面は健康食品の原料として販売とれます。 魚特有のにおいや色を取り除き、クリームなど化粧品の原料としても利用できるように技術開発を急ぐとのことで、筋子プラセンタとして販売されるかもしれませんね。


記事の移動

前の記事  « プラセンタとアトピー性皮膚炎
次の記事  相互リンク1 »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ






ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。