プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報) > プラセンタでアトピー対策 > プラセンタとアトピー性皮膚炎


プラセンタとアトピー性皮膚炎

プラセンタはアレルギーにも効果をあげていると言われていますが、アトピー性皮膚炎もアレルギー反応の一つです。
特に、ヒスタミンの作用を抑え、「かゆみ」を取り除くのに最適なのが、ステロイド剤です。
アレルギーを抑えるのに、ステロイドは強力な力を持っています。
医師の的確な診断のもとに使用されるステロイド剤は、アトピー性皮膚炎の素晴らしい薬です。
しかし、このステロイド剤には副作用もあります。
特に、長期連用を無造作にしていると、皮膚の繊維芽細胞を破壊し、皮膚が薄くなります。
又、ステロイドによる湿疹ができることもあります。

ステロイドのマイナス面をプラセンタ(胎盤)エキスで補うためにプラセンタが使用されています。
プラセンタ製剤のラエンネック(肝疾患治療薬)を注射、又は、内服します。
同時に、皮膚にもプラセンタエキスを塗布します。

プラセンタの中には、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子が入っていて、 ステロイドで破壊された線維芽細胞を増やし、角質層を作り出す上皮細胞をも増やすのです。
繊維芽細胞や上皮細胞は健康な皮膚を作りますが、その上に、プラセンタは神経の異常興奮を抑えて、かゆみを感じ難くするのです。

体の中、外からプラセンタを投与すると、かゆみから開放されて、次いで皮膚が驚くほどの速さで改善されていきます。
ただし、現在のところ、厚生省ではアトピー性皮膚炎には保険を適応することを許可していません。


アトピー性皮膚炎の患者にプラセンタを投与した実績では、効果が感じられない事はほとんど無いようですが、効果を出すための必要投与量にはかなりの個人差があります。
プラセンタとアトピー性皮膚炎の関係は千葉大学などで研究されていますが、正確なメカニズムはまだわかっていません。
プラランタがアトピーを改善するメカニズムとして有力なのは、プラセンタのある成分がそのリンパ球にアポトーシスという変化を起こさせる作用があるからではないか、という説です。
アポトーシスとは、細胞そのものがみずから消滅していく変化のことです。つまり、おかしな機能をもったリンパ球が自然に滅びてなくなってしまう、というメカニズムが有力です。



記事の移動

前の記事  « 八木レディースクリニック(大阪府泉北郡忠岡町)
次の記事  筋子からプラセンタ »

プラセンタ注射研究所(プラセンタ総合情報)トップ

カスタム検索





ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトで紹介されている病院等と広告の関連はありません。また掲載されている情報については直接、各病院等へお問い合わせ・確認をお願いいたします。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

スポンサードリンク